オルツォ カフェ、コーヒー代わりに

イタリアは珈琲がとても美味しいのですが、これが飲めない私のような人には、オルゾがあります。

麦を焦がして作ったもので、見た目は珈琲の感じです。臭いも似てます。戦争中などはこれが珈琲代わりに飲まれました。よくホテルの珈琲などはこれで薄められます。子供達は朝珈琲代わりにこれを飲みます。この粉をミルクに入れてカッフェラッテのようにするのです。イタリアの子供達はこれがとても好きです。

バールで注文する時は、Orzoと書きますが、ほとんどオルゾと発音しないと通じません。すでに出来上がったものが出てくる機械のものは美味しくありません。チャルダで珈琲のように珈琲マシンで、エスプレッソを作るように作ったものが一番おいしいです。あらゆるバールがチャルダで作ってくれる訳ではありません。作り置きの場合にはコーヒーマシンのそばに、オルゾが出てくる機械がおいてあります。これは美味しくないので、頼まない方がいいです。

あまりエスプレッソのようにストレートなものよりは、ずっと湯を入れ続けて、量を多くした方が美味しいです。この場合は「オルゾ ルンゴ」と注文します。

オルゾのチャルダ (まだ作る前)、いつも行くバールのおじさんです。

オルゾのチャルダ (まだ作る前)、いつも行くバールのおじさんです。

caffe1

今度またコーヒーについても書きます。

 

 

 

 

 

ヴェネツィア観光 ここをクリック

ホームページ ブログ/他の記事を見る

http://italiavenezianewsblog.wordpress.com

筆/ヴェネチア 公認ガイド 田口やよい

ヴェネチア観光/www.venicevist.com