センサのお祭り(5月31日、6月1日)、海との結婚

船行列

センサ 船行列    http://www.alloggibarbaria.blogspot.com (イメージ)

festa-sensa

センサの祭り http://www.alloggibarbaria.blogspot.com (イメージ)

センサと言うのはヴェネツィア語で、イタリア語ではアシェンショーネ、昇天を意味します。 キリストの昇天祭が、今年は5月29日ですが、ヴェニスのセンサは土曜日31日と6月1日にお祝いされます。

共和国の時代を通じて、この日ヴェネツィアのドージェは、ブチントロといわれる金の船に乗り、たくさんの船がこのあとに続き、海に出かけ、海に指輪を投げ、海との結婚を祝い続けました。

今日でも、この日ヴェニスの市長、司祭などが、櫂で漕ぐビッソラといわれる船に乗って、後ろにたくさんの船を従えて、リドのサンニコロの前まで、出かけ、海の水に指輪を投げる儀式が、続けられています。ドージェの代わりに指輪を投げるのは、市長です。(近年は、市長は出なくなりましたが。)

この祭りは、900年の終わりにヴェネツィアが、ダルマツィア(昔のユーゴスラビア 今のスロベニアのあたり)を征服したことを記念して始まります。

1177年に、法王アレッサンドロ3世が、皇帝、フェデリコ バルバロッサにサンマルコであった時、法王が、ヴェネツィアのドージェ、セバスティアーノ ツィアーニに、指輪を与えます。ある意味ではアドリア海上のヴェニスの権利が、公に認められた象徴でもありました。その後、海との深い絆を新しくするため、この指輪のコピーが毎年海に投げられるようになります。

センサの祭り プログラム

31日

17:30 アルセナーレ

開会式

6月1日

9:00サンマルコ 船行列集合

9:30船行列のリドへの出発

10:30 海との結婚儀式

11.00 リド、サンニコロ教会でのミサ

16:30レガッタ 二本櫂

17:00レガッタ 仮装女性 二本櫂

17:45 レガッタ ゴンドラ

道順

サンマルコから、リドのサンニコロまで

…………………………………………………………..

この日サンマルコでは、時計塔のテラスから、三人の東方博士が出てくるのを見ることができます。時計塔が出来上がった時は、毎日毎時間出てきていたからくり人形ですが、とてもデリケートなメカニズムで、1500年ぐらいから、一年間に数回しか出なくなりました。この東方博士の出現はだからよけい貴重なもので、魔術を見ているような感じです。下では、天使が出てくると、待っている観光客の間から歓声が上がり、博士達が隠れると、感動の拍手がわき上がります。

楽しい一瞬です。

ヴェネツィア観光 ここをクリック

筆/ヴェネチア ライセンスガイド

田口やよい

ヴェネチア観光/www.venicevist.com

ホームページ ブログ/他の記事を見る

http://italiavenezianewsblog.wordpress.com