700年記念 セルビ ディ マリア派 5月10日の夜中の巡礼行進 と Sant’Elena教会/ヴェネチアで一番静かな教会

Sant'Elena教会

Sant’Elena教会

ヴェネツィア観光 ここをクリック

聖エレナとヴィットリオ カペッロ/アントニオ リッツォ作

聖エレナとヴィットリオ カペッロ/アントニオ リッツォ作

IMG_1344 IMG_1343

オルガン

オルガン

聖エレナ

聖エレナ

700年記念  セルビ  ディ   マリア派

5月10日の夜中の巡礼行進 と Sant’Elena教会

 

1314年に、セルビ ディ マリア派の修道士達が、ヴェニスに来たことを記念して、昨夜、一晩中、約650人のイタリア中から集まった人々による巡礼行進がおこなわれました。

18時にCarpenedo(Mestre)を出発して、Bissuolaなどを通り、ヴェニスに着き、23時30分にScalzi教会の中でミサが行われた後、カナレッジョのセルビ ディ マリア派の、前修道院を訪ね、午前3時にサンマルコ大聖堂に入り(実は私の同僚が夜中の三時に、巡礼者のために、サンマルコ大聖堂内部の説明を頼まれたそうですが、次の日の仕事もあってできなかったと言ってました)、このあとサン ジョワンニパオロ教会、サンピエトロ ディ カステロ教会を回った後、Sant’Elena教会で、朝7時、この巡礼行進が終わりました。

 

Sant’Elenaで終わったのは、ここにまだ、セルビ ディ マリア派の修道院があるからです。

ただ、今はパードレ(修道士)が一人だけになってしまいました。

私が訪ねた時は、ゆうべ一人でいろいろなもてなしをしたパードレは、疲れて、眠っていました。ジャンニさんという信者の人が、パードレの代わりに教会を見ていて、いろいろ話してくれました。

セルビ ディ マリア派は、1900年代になって、ここの修道院に移ってきたのですが、以前はオリビエタン派に属していました。

 

Sant’Elena教会は、ヴェニスでもっとも静けさに満ちた教会です。かっては内装が、非常に豊かだった教会ですが、共和国が終わった後、ほとんどのものが散在してしまって、今は建物だけが残っていると言ってもいい教会ですが、そのために、稀にしか観光客もこないで、すばらしく静かな教会です。

 

ジャンニさんはこの教会の中で瞑想をするのが好きだと言いました。建物自体が美と深い調和に満ちていて、この中に入るとスピリチュアルな領域にすぐ入ることができると言い、ドストエフスキーが言ったように、「美は世界を救う」と、僕も思いますと、淡々と語りました。

オルガンは去年修復が終わって、コンサートもおこなわれました。教会の裏には大きな、ぶどう畑、オリーブ園などもあります。昔、修道院は、全部自給自足でしたので、その名残です。(信者がパードレを手伝って、毎年ワインも作られるそうです。)

ジャンニさんと話しながら、修道院を散歩いるうちに、いつか、モーデナの修道院に三日間、試験のときに泊めてもらった時のことを思い出しました。忘れられない感動的な経験でした。そのうちまたこの話しもします。

修道院

修道院

IMG_1353 

IMG_1351

Sant’Elena 教会、アプス、天井

ホームページ ブログ/他の記事を見る

http://italiavenezianewsblog.wordpress.com

筆/ヴェネチア 公認ガイド 田口やよい

 

ヴェネチア観光/         http://www.venicevisit.com