プンタ デッラ ドガーナ/  ピノーコレクション 

ヴェネツィア観光 ここをクリック

イタリア ヴェネチア ニュース

プンタ デッラ ドガーナ 

ピノー コレクション 

プンタ デッラ ドガーナの中のピノーコレクション(富豪、フランソワ ピノーはコンテンポラリー美術のコレクターとして有名です。)は、二年おきに更新されます。

今年のコレクションの中で、特にLoris Gréaudの作品がすばらしいので、紹介します。

Loris Gréaudの作品

目のくらむような明るい蛍光管のいっぱいの部屋に入ると、シェパードトーン([1]無限音階)の音楽が流れています。

なにか、不安でもあり、戸惑うような不思議な感覚におそわれます。

しばらく、この感覚がなんなのか自分の中で探していると、突然光が消えます。

沈黙が続きます。壁の上で、なにかあまりにも無垢なものが回っています。

胎児のようでもあり、天使のようでもあり、猿のようでもあり、とにかくも無限に無垢なものです。床には、その痛々しい断片がいくつかかたまりになって、おきざりにされています。

突然世界が終わったような、あるいは、まったく、世界は未だ始まってないような、なにか、途方もないことが起きてしまったような、というよりは、希望とは何かを初めて理解したような、ほとんど宗教的な体験です。

作品のタイトルは Does the angel between walls have a happy ending ? (二つの壁の間の天使は幸運な最後を迎えるだろうか?)

コレクションが代わる前に一見するといいものです。

また、これらのコンテポラリーアートを収納する安藤忠雄のプンタ デッラ ドガーナ の修復は、特別すばらしいものです。

 

[1] 無限音階、シェパードトーン: Roger Shepardが、発明した音階で、同時に多くの音階がなさられ、どこまでも上がっていく感じがする音階。

……………………………………………..  イタリア ヴェネチア ニュース

Loris Gréaud : 1979年フランスに生まれる。コンテンポラリーアーチスト。

 

Does the angel between walls have a happy ending ? (二つの壁の間の天使は幸運な最後を迎えるだろうか?)

プンタ デッラ ドガーナ/ピノーコレクション

Loris Gréaudの作品

Loris Gréaudの作品

IMG_0633

IMG_0637 IMG_0627 IMG_0633 IMG_0628 IMG_0637

IMG_0619

突然、電気が消えたところ。サイレントな空間の中で、壁の上の天使/猿/胎児が、回る。

 

 

 

Loris Gréaudの作品

Loris Gréaudの作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プンタ デッラ ドガーナ/ピノーコレクション

 

 

 

 

 

 

 

 

安藤忠雄の修復 プンタ デッラ ドガーナ 

安藤忠雄の修復 プンタ デッラ ドガーナ

プンタ デッラ ドガーナから見たサンマルコ

プンタ デッラ ドガーナから見たサンマルコ

 

プンタ デッラ ドガーナ/ 安藤忠雄が、カルロ スカルパから引用した格子ドアから見た、サルーテ

プンタ デッラ ドガーナ/ 安藤忠雄が、カルロ スカルパから引用した格子ドアから見た、サルーテ

 

筆/ヴェネチア 公認ガイド 田口やよい

*内部の記事、写真などの著作権はitaliavenezianewsblogに属します。

イタリア ヴェネチア ニュース の全体の記事を見るには下記をクリック

http://italiavenezianewsblog.wordpress.com

プンタ デッラ ドガーナ サイト:http://www.palazzograssi.it/it/museo/punta-della-dogana