アクアアルタとモーゼ/ヴェネツィア

 

ヴェネツィア観光 ここをクリック

ヴェニスはよく秋から冬、春にかけて、 ときによるとアクアアルタという現象がおきます。水が排水溝から、街の中に侵入する訳です。数年に一回ぐらいは、サンマルコ広場にたってお腹の辺りまで水の来る大変な日もあります。

アクアアルタに対応するため、外海との間に水門を作リ、外からの水をシャットアウトするというのがモーゼプロジェクトです。2003年から、この工事が始まり、今、80パーセントほどが、完成しています。ただ、この水門は水の高さが、110cmを超えないと、動かないシステムになってますので、これ以外の水の日は同じように水が上がってきます。サンマルコ周辺は木の橋が渡されて、長靴がなくても歩けるようになっています。

よく高い水がでると、世界のメディアが大きく報道して、ヴェニスが完全に水に浸かったような印象を受けますが、低い所だけが水に浸かるだけで、3、4時間で引いていきますので(特別高い水でも6時間ぐらい)、一時的なものです。ヴェネツィア人達は慣れていますので、「ああ、またか」と思うだけであまり気にはしていません。冬には長靴を持っていくのも一つの方法、また10ユーロぐらいで、街中で売ってもいます。

下記をクリックすると毎日アクアアルタの予報が見られます。グラフィックになっていて、横が時間、縦が高さです。80cmぐらいまでは気にする必要がありませんが、95cmぐらいから、要注意、100cmぐらいまでは、サンマルコのあたり、木の台があるので、長靴がなくても歩けます。 105cmになると、まだ、サンマルコのあたりは台の上を歩けますが、ヴェネチア、低い所は長靴なしでは、歩けない所も出てきます。

http://www.comune.venezia.it/flex/cm/pages/ServeBLOB.php/L/IT/IDPagina/1748

筆/ヴェネツィアライセンスガイド 田口やよい

www.venicevisit.com

 

モーゼのビデオ   Mose

ヴェネツィア人とアクアアルタ

*内部の記事、写真などの著作権はitaliavenezianewsblogに属します。