ある日のベネチア、イタリア統一記念日

ヴェネツィア観光 ここをクリック
ある日のベネチア、イタリア統一記念日 (3月17日)

今日3月17日は、1861年にイタリアが統一されて、イタリア王国になった日を記念した祝日でした(休日ではなかったのですが)。サンマルコ広場で、大きな儀式が、行われましたが、ヴェニスの市長は、この儀式に参加する前、サンマルコの裏、ちょうどコーレル博物館の裏にある、イタリア統一運動のために亡くなったヴェニスの英雄、Bandièra 兄弟のモニュメントの前で、立ち止まり、栄誉の輪をささげました。周りには、警備の数人のカラビニエリ(軍隊警察)と、参加者が、ほんの10人ほどいただけですが、ラッパが、吹かれて、カラビニエリ達は敬礼をし、市長Giorgio Orsoniは、深々と頭を下げて、礼をしました。静かな、小さな、敬虔な儀式でした。

(その後、珍しがった観光客達が、Bandièra 兄弟のモニュメントの前に立ち止まって、見ていました。普段誰も気にもしないモニュメントですが、よく見れば、この時期の有名な画家、Giacomo Favrettoや、Luigi Nonoの絵のように、光に満ちた、美しいブロンズです。

Favretto や、Nonoの絵は、Ca’Pesaro 美術館で見ることができますが、 1800年代絵画は、ほんの一時期のことですが、人間が初めて外界の存在に気づいたように、無垢な驚きと、命に満ちた光を持った目で、外界を写し得た時期があります。世界がとても新鮮な目で、見つめられます。これは人物が描かれても同じことがいえます。なかでも、Favrettoは、絵画の中で息づいている人々に、そのまま画布の上で触れることができるような、すばらしい絵をいくつも残しています。)

筆/ヴェネツィアライセンスガイド 田口やよいwww.venicevisit.com

*内部の記事、写真などの著作権はitaliavenezianewsblogに属します。

IMG_0531 IMG_0536 IMG_0524

IMG_0523

ヴェネツィア市長 オルソーニ氏

英雄Bandièra兄弟

英雄Bandièra兄弟