ゴンドラ : ベネチア イタリア

イタリア ヴェネチア ニュ–ス

ゴンドラ

ヴェネツィア観光 ここをクリック

jpg

サンマルコのそばのゴンドラ

ゴンドラ

ベネチアのもっとも驚嘆すべきものを一つあげるとしたら、ゴンドラだといっていいかもしれません。

dをまるで滑るように渡っていくこの船。もっともヴェネツィアらしいヴェニスを味わえるのが,このゴンドラの上です。

ワーグナーは,もう朝に近い夜遅く,リアルトのあたりから聞こえてくる, まるで動物の胸の中からでてくるような、ゴンドリエレの『ホーイ』という声に感動して,しばらく呆然としたと、深い感動をこめたページを残しています。ジョルジュ サンドは,どんなに生活が困難になっても,ゴンドラだけは諦められないと書いています。雇いゴンドリエレが漕ぐこの船に乗って(そのころは、ゴンドラは自家用車のようなものでした。ですから、ゴンドリエレは、お抱え運転手のようなもの)、サンドは夏の夜のヴェニスを回るのをこよなく愛しました。

彼らがゴンドラで滑っていったのは,今のような電光汚染の運河ではなく,暗い運河の中で,水の上で月の光が壊れるロマンチックな夜でした。

それでも,夏の夜遅く、ゴンドラに乗るとふと,サンドやワーグナーが見たようなヴェニスがあらわれる一角もあって、息をのみます。

また,サンドが愛したのが,ゴンドラの上での歌でした。サンドのヴェニスの恋人のパガニーニは医師でもありましたが、作曲家でもあり、サンドのためにもいくつかのロマンチックな歌を作曲しました。

歌い手にもよりますが,今でもゴンドラの上で歌われる曲には、この頃のものもあります。

ヴェニスの歌はやはりこのラグーナと運河を想像させる独特のリズムを持っていて,味わい深いものです。

(「ほーい」という声は今でもゴンドラに乗るとよく聞くことができます。運河の角を曲がる時、ゴンドリエレ達が出す声です。一種のクラクションのようなもの。周りが静かな時は今でも感動的な音です。)

IMG_0497

大運河をいくゴンドラ

ゴンドラとヴェニス

関連記事/ゴンドリエレファビオさんにインタビュー

関連記事/ゴンドラから見たベネチア

関連記事/唄 ラ ビヨンディーナ イン ゴンドラ

関連記事/唄 ゴンドリエレ

関連記事/ゴンドラ、研究家リタさんにインタビュー

ホームページ ブログ/他の記事を見る

http://italiavenezianewsblog.wordpress.com

筆/ヴェネチア 公認ガイド 田口やよい

ヴェネチア観光/   http://www.venicevisit.com

*内部の記事、写真などの著作権はitaliavenezianewsblogに属します。